jiko_tobidashi_shika


1: 釣りまとめ速報 2019/06/11(火) 05:18:37.61 ID:XhzB73an9

  この20年ほど、自然環境に対するシカの食害が大きな問題となっている。
シカによる影響は様々なものがあるのだが、今回京都大学の中川光特定助教の研究によって示されたのは、
シカの増減が川の魚の個体数に影響を及ぼすという事実である。

 シカの増加は日本だけではなく世界的に環境問題となっているのだが、特に日本で問題となるのは本州以南のニホンジカ、
そして北海道のエゾシカである。
シカは貪欲な食性を持つ生き物であり、林床に生える植物を食べ尽くし、地面をむき出しにしてしまうことが知られる。
従って、その影響は単に植物のみでなくそこに暮らす昆虫や小動物にも大きく及ぶ。

 しかし一方で、シカの個体数の増加が、森林と接する河川やそこに住む生き物に与える影響については、これまで目立った研究がなかった。
今回の研究は、シカが大規模に繁殖している京都府北部の芦生研究林における、10年以上の観察データに基づいた、
シカが河川の生態系に及ぼす影響についてのリサーチである。

続きはソースをご覧下さい
https://www.zaikei.co.jp/article/20190609/514792.html



fish_unagi2


1: 釣りまとめ速報 2019/06/14(金) 02:35:30.68 ID:31EBKr0d9
海でウナギ捕獲「かなり珍しい」
越前町の港、体長約90センチ

 淡水魚として知られるウナギを、福井県越前町玉川の玉川港で、同町で旅館を経営する橋詰勇さん(72)と、孫の小学4年響君(9)が捕まえた。福井県水産課によると「県内沿岸部でのウナギの発見はほとんど例がない」という。

 橋詰さんたちは日頃、小さな網かごでの釣りを楽しんでおり、6月9日にも縦50センチ×横60センチ×高さ10センチ程度の網かごにえさを入れ、海に仕掛けた。午後5時ごろ引き上げたところ、体長約90センチの大きなウナギが入っていたという。50~60年前に川でウナギを見たことがあるという勇さんは「まさか海にいるなんて」と驚いた。

 県水産課によると、ウナギは海で産卵し、淡水にさかのぼってくるため、海で発見されないこともないが、かなり珍しいという。県内で記録に残っているのは2013年、底引き網漁で海底から発見されただけだ。

続きはソースをご覧下さい
 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/873298
https://fki.ismcdn.jp/mwimgs/d/9/600m/img_d93e81efd9701ef0ce7cc55c401ada54355480.jpg
※画像













このページのトップヘ