カテゴリ: 時事

1: 釣りまとめ速報 2018/09/26(水) 06:58:42.40 ID:CAP_USER9
辻希美(31)が23日付で自身のブログに家族で過ごした休日の様子を投稿して話題になっている。

この日の辻一家は、としまえんのもり今週博物館でひとしきりクワガタと戯れた後、釣り堀で釣りを楽しんだことを報告。
辻は「大きなお魚やナマズ思ったよりも沢山釣れて凄く楽しかったです。我が家は本当に釣りが好きだなぁ。私も大好き。
ルアーが好きだけど今日の餌釣りも楽しかったよー」と爆釣であったことの喜びとともに、辻家がいかに釣り好きであるかをアピールした。

しかし、辻のこうした投稿に対し、「我が家は本当に釣りが好きって書いてあるけど、そんなに釣りしてたでしょうか?釣りのイメージないですけど?」
「釣り好きだと言って、今度は、釣りの仕事の前振りか?」「大きなお魚って何ですか?釣り好きなのに知らないって。魚の名称書かないと」
「ところで、お祭りで頂いた金魚は、その後元気でしょうか?」など厳しいツッコミが殺到していた。

唐突に釣り好きであることを明かした辻であるが、その割にはこれまでブログでもほとん釣りに触れられることはなかった。
釣り堀で大量に魚をゲットしたことで、辻に対する周囲の見方も変わってくるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1527106/
2018.09.26 06:16 デイリーニュースオンライン


animal_inoshishi


1: 釣りまとめ速報 2018/09/20(木) 19:49:53.97 0
「山の温泉まで来て、赤身のマグロか」――。せっかく人里離れた山間の旅館に来たのだから、都会ではあまり食べられない新鮮な川魚や山菜などを食べてみたいもの。
それなのに、「なぜ、赤身のマグロなんだ」と興ざめした方も多いのではないだろうか。
テーブルに運ばれてくるものは、マグロ赤身、サーモン、ホタテ、甘エビといった海産物がほとんどだ。

その理由として誰もが想像つくのが、いずれも「冷凍保存の効く食材だから」という点だろう。旅館では、量の増減はあるものの全ての利用客にほぼ同じ献立を出す。
そのため、大量に仕入れられる食材が必要なのだ。地産地消の食材では仕入れ量が安定しなかったり、仕入れ値が変動したりするため、提供しにくいのが実情だ。

続きはソースをご覧下さい。
https://toyokeizai.net/articles/-/112694


fish_bluegill2


1: 釣りまとめ速報 2018/09/18(火) 14:23:31.63 ID:CAP_USER9
琵琶湖の外来魚が謎の半減、大半はブルーギル…生態系に変化? 滋賀県が実態調査へ

 琵琶湖で大繁殖し、滋賀県にとって悩みの種の外来魚に異変が起きているという。

 県全体の外来魚駆除量が今年度、突然激減したのだ。
 特別な対策をしたわけでもなく原因は不明。
 「環境に異変が起きた」「網にかかりやすい成魚が減っただけ」。
 さまざまな憶測が飛び交う中、県は減少の原因を探ることを決め、18日、9月定例県議会に調査費を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

産経新聞 2018年9月18日 13時7分
http://news.livedoor.com/article/detail/15322070/


890689f6ebf78641bc219573b18d4ffc_s


1: 釣りまとめ速報 2018/09/12(水) 23:03:45.66 ID:CAP_USER9
 県内各地の漁協によるアユの放流量が、この10年間で半減したことが11日、各漁協や県漁協連合会(県漁連)への取材で分かった。アユ漁の不振を背景に釣り客が減少し、各漁協とも採算が悪化。稚魚購入量を減らす悪循環に陥っている。ダムによって天然アユの遡上(そじょう)が阻まれる県内では放流が頼み。信州の夏の風物詩として親しまれてきた「アユの友釣り」の先行きを危ぶむ声も出ている。

 県漁連などによると、県内で現在アユを放流する16漁協で2008年度に計3万3370キロだった放流量は、13年度に2万3千キロ余に減少。本年度は前年度比約1100キロ減の1万6510キロで、少なくとも過去30年間で最低だった。

 これまで多くの釣り客が訪れてきた千曲川。上小漁協(上田市)の本年度の放流量は3350キロで、08年度の6千キロからほぼ半減した。

 1987(昭和62)年度に延べ2万人を超えたアユの「日釣(ひづり)遊漁証」購入者は同約千人に減少。アユ釣り客の高齢化に加え、近年は「魚が釣れない」との声が相次ぐ。原因は、外来魚による食害や河川環境の悪化、異常気象などさまざまな指摘があり、毎年夏に上田市でアユ釣り大会を開いてきた大手釣り具メーカーも今年は開催を見送った。

続きはソースをご覧下さい

(9月12日) 信毎Web
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180912/KT180907FTI090044000.php


suizokukan_boys


1: 釣りまとめ速報 2018/09/11(火) 07:02:01.87 ID:CAP_USER9
神戸市灘区の鮮魚店のいけすから高級魚などを盗んだとして、建造物侵入と窃盗の罪に問われた同区の無職の男(41)の初公判が10日、神戸地裁(神原浩裁判官)であった。男は「魚釣りをしているような気分で、わくわくしてしまった」などと起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、即日結審した。判決は27日の予定。

 起訴状によると、5月10日深夜~同11日未明と6月13日未明、同区の鮮魚店に侵入し、クエやタイなど計60点(時価計約7万7千円相当)を盗んだとされる。

 被告人質問で、男は動機について「後輩に金になると勧められた」などと説明。ただ転売はせず、「釣り気分」を楽しむために店内で魚の下処理や写真撮影をしたと述べた。盗んだ魚を料理して友人や家族に振る舞い、ほめられるのがうれしかったとも語った。

 検察側は「幼稚としかいえない動機。大胆な手口で悪質」と主張した。弁護側は既に被害弁済が済んでいるなどとして寛大な処分を求めた。

9/10(月) 12:39
神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000009-kobenext-l28&pos=1




koutsu_jiko_car_man


1: 釣りまとめ速報 2018/08/20(月) 21:31:03.28 ID:CAP_USER9
陸上自衛隊国分駐屯地は酒気帯びの状態で車を運転したとして31歳の男性隊員を停職15日の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは陸上自衛隊国分駐屯地第12普通科連隊の男性隊員です。国分駐屯地によりますとこの隊員は去年11月、自宅で午後10時ごろまでビールや焼酎を飲み、翌朝4時20分ごろ、釣りに行くため普通乗用車を運転中、対向車線に倒れている女性に気づいて車から降りて救助活動をしていたところ後ろから来た車に接触され運ばれた先の病院で隊員の呼気からアルコールが検出されたということです。

男性隊員は全治3カ月の大けがをしました。隊員は「アルコールが抜けているだろうと思って運転した」と話していて、国分駐屯地はきょう付けで停職15日の懲戒処分としました。

この隊員が所属する第12普通科連隊長渡辺亘紀1等陸佐は「自覚を欠く行為で遺憾であり、今後、再発防止に万全を期す」とコメントしています。

2018年08月20日
KTS鹿児島
http://news.ktstv.net/e76968.html


1: 釣りまとめ速報 2018/08/06(月) 07:46:22.02 0
おかっぱり大会第6戦リザルトです。
BY KENTA · 2018年8月5日


大盛況のロッドマンおかっぱり大会でした。

来年の8月も伊藤巧カップやりたいな~!
巧さんもこの順位では納得いってないと思います。。。
リベンジ本気参戦お待ちしております(笑)

参加者 130名
ウエイイン 31名
バス総匹数 42匹


24位伊藤巧


やっぱ釣りは場所&運が9割なのか?

http://www.rod-man.jp/blog/


party_kuma


1: 釣りまとめ速報 2018/07/31(火) 22:45:32.74 ID:CAP_USER9
 31日、新潟県湯沢町三俣の旅館に男性が訪れ「近くの清津川で釣りをしていたら、クマに襲われてけがをした」と旅館の従業員に訴えた。

 新潟県警南魚沼署によると、男性は50~60代で顔や腕から出血していた。旅館の外の水道で傷口を洗い、そのまま立ち去った。従業員が同日午後、同署に連絡した。

 清津川から旅館までは約300メートル。同署は川周辺のパトロールを強化して、警戒している。

2018.7.31 19:23
産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/180731/afr1807310025-n1.html


book_zasshi_tana


1: 釣りまとめ速報 2018/07/31(火) 23:52:54.22 ID:CAP_USER9
東京都文京区に本拠を置く出版社の「株式会社海悠出版」は、7月25日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1992年に設立の同社は、釣り関連の雑誌・書籍・DVDの企画・制作・販売を手掛け、海釣り情報を扱う月刊誌の「磯・投げ情報」を主力誌とするほか、釣り場ガイドシリーズや釣り入門・魚料理レシピなどのムック本を発行していました。

しかし、出版不況に伴う発行部数の減少に加え、広告出稿の低迷も重なり業績が悪化したため、今後の業績回復は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

2018年7月31日 16:59
不景気.com
https://www.fukeiki.com/2018/07/kaiyu-shuppan.html


このページのトップヘ