カテゴリ: 時事

1: 張り手(チベット自治区)@無断転載は禁止 [FR] 2016/11/08(火) 09:08:22.69 ID:P2u1hJV/0 BE:415581673-PLT(18000) ポイント特典
2013年には、フロリダ沖で捕獲されたオオメジロザメという胎生のサメの子宮内から双頭の胎児が見つかって話題になったし、 2008年にはインド洋でも双頭のヨシキリザメの胎児が発見されている。
 2011年には、カリフォルニア湾内とメキシコの北西沖で捕獲されたメスのヨシキリザメの子宮内から発見された双頭の胎児を詳しく調べた論文も発表されている。
実は、これまでに双頭の胎児が発見されているサメのほとんどがヨシキリザメだ。2011年の論文で研究チームを率いたメキシコ国立工科大学のフェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、
ヨシキリザメの子宮には一度に50匹近くも胎児が入っていることがあり、数が多い分、奇形が見つかりやすいのだという。(参考記事:「世界でサメを撮ってきた」)

no title

no title


続きはソース 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110700421/

引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1478563702/


1: 新宿2丁目の暴れん棒 ★ 2016/11/06(日) 12:07:07.53 ID:CAP_USER9
2016年11月6日 11時0分 Jタウンネット配信

皆さんは「バラムツ」という魚をご存知だろうか。「とある」理由から販売が禁止されており、市場には出回ることのない深海魚だ。
しかし、大トロを超えるほどに脂が乗ったその身は非常に美味であり、実際に試す人も後を絶たない。そのため、ネットには釣り人による体験記が多数見られる。

そんなバラムツを釣りあげて食べた様子をツイッターにアップし、その顛末が話題になった「flanvia」さんに、その味やその後、自身に起きたことを伺った。

爆発は突如訪れた 
  
冒頭で「脂が乗っている」という風に書いたが、バラムツのこの脂、いや「油」は、人間の消化器官では消化できないタイプのものなのだ。

そのため、消化されずに「そのまま」おしりから排出され、大量に摂取すると、皮膚から油が染み出す「皮脂漏症」を引き起こすこともある。
これを「異常脂質」といい、食品衛生法により流通が禁じられている。バラムツ以外にも、深海魚の一部は同様の性質を持っている。

以下略
続きはソースで
http://news.livedoor.com/article/detail/12245184/

引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478401627/


b35179744979ead70adce84115f4b7ca_s


1: Sunset Shimmer ★ 2016/11/06(日) 10:16:05.45 ID:CAP_USER9
 秋の味覚を代表する秋サケ漁が振るわない。主産地の北海道や東北の水揚げが昨年より3割以上少ない記録的な不漁で、お歳暮商戦や台所にもじわりと影響が出ている。

 2日午前6時半、北海道釧路市東部漁協に、この日水揚げされた秋サケが到着した。漁船6隻で取れたのは250匹。同漁協の水揚げは昨年の6割減で、佐々木透専務理事は「漁協に入って35年。これだけ取れないことはない」と嘆いた。

 道内の秋サケ漁は8~9月に解禁され、11~12月まで続く。道によると、今季の漁獲量(1月の小型定置網漁分を含む)は10月20日までに2014万匹。昨季の同時期より3割減った。太平洋側が深刻で、襟裳岬以東の岬周辺の漁獲量は93%減の1万5千匹だった。

 漁のピークを過ぎたため、道内の漁獲量は平成に入って最少だった1992年(同)の2601万匹を下回る可能性がある。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJC25HRMJC2IIPE01W.html

引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478394965/


1: 閃光妖術(庭)@無断転載は禁止 [KR] 2016/11/04(金) 18:03:01.13 ID:P+8ZNgWM0● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
【簡単に説明すると】
・歴代最大級のマカジキが釣れる
・重さは514キロで3時間半掛けて捕獲
・マカジキは住民に振る舞われた

11月1日ニューカレドニアにて1135ポンド(514.82kg)のマカジキが釣れ現地のネット媒体にて紹介されている。
巨大なマカジキは通常の青色とは異なっており、黒いのが特徴。514キロという小さな牛一頭の重さはある驚異的な重さ。

こんな重たいマカジキをどのようにして釣ったのだろうか? 男性2人が3時間半格闘し海岸まで58kgという小さなボートで
引っ張ってきたという。魚の大きさはこの地域でとれたものでは最高記録だという。

一方、とれたマカジキは量が多いことから近所の住民にお裾分けされたという。
住民は当分の間食べ物の心配がないということだ。

http://gogotsu.com/archives/23069
no title

no title

no title

引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1478250181/


a65d1fd996138e75e0f9d11e48e04370_s

1: 民謡 ★ 2016/10/15(土) 18:45:43.50 ID:CAP_USER9
 京都市の鴨川に天然アユを増やそうと活動する市民団体が、昨年に捕獲したアユをDNA分析などで調査したところ、場所によっては67%が大阪湾から遡上(そじょう)した天然アユという結果が出た。全体では25%ほどに上り、取り組みが実を結び始めている。メンバーは「市内中心部に天然アユが戻ってきた。次はアユが健康に育ち、産卵や繁殖できる川づくりが課題になる」としている。
 調査は漁協関係者や研究者、市民らでつくる「京の川の恵みを活かす会」が初めて実施した。サンプルのアユは賀茂川漁協や京淀川漁協などの協力を受け、三条大橋下流と松原橋上流の2カ所で昨年8~10月に計57匹を捕獲した。専門機関に委託し、DNAと海での生育履歴が分かる頭部の「耳石」と呼ばれる部分を分析した。
 全体で14匹が大阪湾から遡上した海産の天然アユだったことが判明した。うち三条大橋下流で捕獲した15匹では、10匹が海産の天然だった。他は途中まで養殖されていたアユや琵琶湖から流入してきた天然アユだった。継続してDNA分析などを実施する。
続きはソース
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20161015000021
2016年10月15日 08時57分

引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476524743/


b652893f9d48081bcb0b76637dbb8eee_s


1: 夢鳥 ★ 2016/10/19(水) 21:45:12.63 ID:CAP_USER9
 訪日外国人(インバウンド)の旅行消費額が約5年ぶりにマイナスへ転じたのは、全客数の3割近くを占める中国人の旅行スタイルが、以前の買い物中心から“日本ならではの体験”を求める「『コト消費』に変わってきた」(田村明比古観光庁長官)ことが大きい。小売りや旅行業界では、新たな潮目をつかむ取り組みが勢いを増す。

 「昨年と比べ、中国人の団体ツアーは2~3割減った」と明かすのは阪急交通社の担当者。円高や中国当局の関税引き上げに加え、リピーターを中心に個人旅行客が増えた結果、百貨店などにバスを横付けして高級品や家電の大量購入に走る団体客は影を潜めた。

 それと対照的に伸びるのは母国で味わえない体験を提供する旅行商品だ。

 エイチ・アイ・エスは3月に専門子会社を新設し、ネット経由で約7千商品の販売に乗り出した。富士山を眺めながら山中湖でワカサギを釣るツアーや、ゲームの人気キャラクター「スーパーマリオ」にふんして都内の名所を小型カートで巡るツアーが人気という。

 グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)は来月1日、本館の一部を旅館風に改装してオープンする。庭園でのお迎えや茶席といった日本文化を前面に打ち出すことで、洋風の既存ホテルに飽き足らない客層を取り込むのが狙いだ。
続きはソース
http://www.sankei.com/economy/news/161019/ecn1610190044-n1.html

引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476881112/


dc9fe6dbc7136d8d5c51b22583fd4669_s


1: あずささん ★ 2016/10/15(土) 17:15:29.60 ID:CAP_USER9
メキシコ沖のグアダルーペ島付近で15日までに、ダイバーの入ったケージにホオジロザメが
突入する出来事があった。男性がこの様子を動画に捉え、交流サイトのフェイスブックに
説明付きで投稿した。

動画には、長い黄色のロープにつなげて海中に漂わせたマグロの肉に向かい、ホオジロザメが
飛びかかるシーンが収められている。付近のボートの上には他のダイバーや指導員らが立っていた。

投稿者の男性は、ホオジロザメは口を開くときに一時的に目が見えなくなるため、おとり用の
マグロに飛びつく際にケージに衝突したとの見方を示した。

サメは後ろに向かって泳ぐことができず、そのままケージ内へと前進した。ボートの乗員が必死に
ケージの上方を開け、サメの逃げ道を作ると、サメはケージから抜けだし再び海に戻っていった。
投稿者は「幸運な結果をもたらすために素晴らしい仕事をした」として、この乗員をたたえた。

ダイバーはこの20秒後に海面に浮上。けがはなかったと見られるが、動揺した様子を見せた。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35090572.html

動画/Great White Shark Cage Breach Accident
https://www.youtube.com/watch?v=93WiSq9TIoM


引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476519329/


1: セントーン(東京都)@無断転載は禁止 [ニダ] 2016/10/15(土) 01:20:35.42 ID:0CZ49h8d0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
スポーツ・フィッシング国際連盟(CIPS)は、20年度東京五輪の種目に加えるよう求める申請書を提出した。BBCが報じた。
CIPSは、フィッシングは、古代からある公正な競争で、完全に五輪の理念に一致しており、フィッシングは古くから全世界で人気があるため五輪運動をより
普遍的にする一助になると指摘した。試合中に捕まえられるすべての魚は、傷がつけられずにリリースされると個別に強調されている。
しかし、この競技への批判者は、競争の結果が運に依存しすぎており、協議プロセスは広い観客にとって退屈で理解できないと述べている。
1900年に行われたパリ五輪ではすでにフィッシングの試合が行われたことがある。6カ国からの代表が参加したが、優勝者の名前は残っていない。
2020年東京で、伝統的なオリンピックの競技に加え、空手、サーフィン、野球・ソフトボール、ロッククライミング、スケートボードの5競技が加えられる。
ソース
https://jp.sputniknews.com/sport/201610142899928/ 


引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1476462035/


6e187b54847cd43b98adf75de271ced5_s


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/14(金) 18:45:18.18 ID:CAP_USER9
「タレントフィッシングカップ2016×東京湾大感謝祭」の記者会見が14日、神奈川県横浜市で行われ、タレントのつるの剛士、哀川翔が登壇した。

本大会は、釣り好きの俳優やタレントが参加し、釣りの楽しさを多くの人に伝えることを目的としたもので、つるのの声掛けにより、07年からスタート。
今年は21日から23日に開催される東京湾再生のためのイベント内で行われる。

つるのは「意外と釣り好きのタレントさんって多くて、でも、みんな忙しいので、それだったらスケジュールを組んで大会にしちゃえばいい、ということで始まった大会です。
毎回非常に盛り上がって、今回で14回目。江戸前の魚はおいしいし、いっぱい釣れる。『東京湾大感謝祭』とコラボすることで、いろいろなアピールもできるのではないかと思っています」と語った。

哀川も「東京湾はシーバス(スズキ)が世界で一番いるらしいです。あと、アジが日本一おいしい場所。大都会にある東京湾をもっと皆さんに知ってもらいたい」と語った。

大会では、釣りの前にゴミ拾いが行われる。つるのは「微々たるものですが、自然の中で遊ばせてもらっているという感覚を忘れたらいけないと思いますし、海に恩返しもしたい」と語り、
哀川は「一人が1個拾うと、ゴミはすぐなくなる。うちだったら、ゴミをまたいだら半殺しですから」と笑わせた。

最後に哀川が「過去にこの大会でシーバス92センチという記録を作っているので、それを超えたい。100センチ超がいてもおかしくない。魚拓なら見たことありますから」と目標を掲げた。

つるのも「毎回30人ぐらいの方が参加されます。東京オリンピックも控えているので、東京の海ってこんなにきれいなんだって知ってもらいたい。大きい魚を釣って、花を咲かせたいと思います」と意気込みを語った。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12131-T1072146/
2016年10月14日 15時08分 エンタメOVO

引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476438318/


gatag-00004397


1: マスク剥ぎ(兵庫県)@無断転載は禁止 [US] 2016/10/14(金) 07:17:18.12 ID:LUpGP0Pu0● BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1476340293336.html

北海道の釣具店に金属バットがなぜか売っている理由

北海道の釣具店では金属バットが売っているらしい。もちろんそれは北海道日本ハムファイターズの応援グッズではなく、釣り用具として真面目に使うもの。これについて本州の人からはTwitterなどで驚きの声が上がっている。

鮭を殺すためのバット

Twitterユーザーの@_nao_michi_さんは、北海道の出張中に立ち寄った釣具点で驚きの品物を発見した。なんと金属バットだ。使い道が気になり「なんでバットが売ってるんですか?」と店員に尋ねたところ「釣ったシャケをこれで殴って殺す」との返事がきたとか。「………流石北海道」と驚くツイートが瞬く間に拡散。Twitter上では「それホント?」と疑問の声があがった。

だが北海道在住らしき人からは「本当です」「釣ったら素早く〆ないと美味しくなくなっちゃうから脳みそぶっ叩いて即死させるんだワン」「え、道外に売ってないんですか? 俺はトンカチで済ませましたが、道外の方はどうするんでしょう」と、この景色は“当たり前”だとの声が多く寄せられた。

ちなみにこういったモノのことを「サーモンバット」や「魚たたき棒」と言うらしく、北海道では古くからこの伝統が継がれてきたとか。石狩市の公式ホームページでは「この棒はたんにサケ・マスを殺すという目的だけでなく、サケ・マスの霊を彼らの世界に送り、再びこの世に再生し豊漁をもたらすことを願う儀礼的な意味をもっているものです」と説明されている。

進化し続ける「サーモンバット」

「サーモンバット」は、一般的には釣った後に暴れることからアキアジに対してよく使われるそうだ。他にも「メタルキラー」というアキアジを仕留める道具も販売されている。

今回のツイートには「さすが北海道。スケールがちげえや」「試される大地は違うなぁ」と驚く声や、「ヒグマ用かと思いました」「ああ、だから釣り好きの友人の車にバットがあったのか。てっきり獣と戦うためのものかと」と、勘違いが解けた人もいる。

引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1476397038/


このページのトップヘ