カテゴリ: 時事

dorobou_hokkamuri


1: 釣りまとめ速報 2018/05/29(火) 13:57:28.98 ID:CAP_USER9
兵庫・神戸市の市場で、深夜に何者かが侵入し、高級な魚などが盗まれる被害が相次いでいる。

窃盗犯とみられる不審な男の映像を、FNNが入手した。

深夜の市場。

不審な男がしばらく行ったり来たりしたあと、姿を消した。

そして、およそ4時間後、先ほどは持っていなかった大量の袋やバケツを手にして帰ってきた。

5月11日、神戸市灘区の鮮魚店から魚が盗まれた。

タイやクエなど、高級魚ばかりおよそ10種類、被害総額は20万円程にのぼる。

大谷商店・大谷 登さんは、「魚屋を何十年もしてるけど、こんな泥棒初めてです。ここで(魚を)締めてね。(ここで魚をさばいてる?)そうです。堂々としてるんです。自分のまな板みたいに使って、洗って帰ってる」と話した。

警察は、魚の調理について知識があるものの犯行とみて、捜査を進めている。
(ソース元に映像あり)
https://sp.fnn.jp/posts/00393068CX



6ac0ec41de53b94c8243beb5badab965_s


1: 釣りまとめ速報 2018/05/18(金) 06:59:05.06 ID:KOWAcgFH0
 和歌山県串本町田子の会社員、西村栄記さん(50)が16日、全長185センチ、重さ80キロのイシナギを白浜町沖で釣った。
 約40分の格闘の末に釣り上げ「化け物級の大きさ。信じられない」と喜んでいる。

 西村さんは午前5時半、田辺市新庄町から遊漁船に乗って出発。餌となるサバを釣って準備を整えた後、水深120~130メートル付近のイシナギの釣り場へ向かった。
 仕掛けは2・5メートルのさおに道糸PE30号、ハリス80号、針30号、重り250号。

 午前8時ごろ、大きな当たりがあり、電動リールの巻き上げがストップ。そこからは手動で格闘を始めた。
 やっとの思いで海面に浮き上がった魚体を見て、他の乗船者も驚きの声を上げたという。3人がかりで船に引き上げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00352008-agara-l30


27d0808c8af823155d05e3df21a46eeb_s


1: 釣りまとめ速報 2018/05/17(木) 11:29:56.12 ID:CAP_USER9
 全国に鮮魚を販売している長崎県新上五島町の通販会社「五島列島上五島SHOP」が今月下旬、町内の釣り客から魚を買い取るサービスを始める。

 釣り客が餌代などの一部を賄えるようにすることで「釣りの聖地」ともいわれる同町への誘客を後押しし、魚の仕入れ先の拡大にもつなげたい考えだ。同社は「人口が減っている島を元気にしたい」と意気込んでいる。

 発案したのは同社代表の松尾剛士さん(46)。以前、通販大手「アマゾンジャパン」に勤務していた松尾さんは、2016年に退職して福岡市からIターンし、経験を生かして起業した。

 買い取りサービスを思いついたきっかけは、長崎港の旅客ターミナルで見た風景だった。釣り客がクーラーボックスを持っていないことを不思議に思い、約100人に聞き取ったところ、釣り上げた魚には興味があまりないことが分かった。

 魚の出張買い取りに向け、現在、釣り客の位置情報が分かる専用アプリを開発中だ。希望者にはアプリをダウンロードしてもらった上で、電話で依頼を受ける。価格は市場を参考にして決めるが、キロオーバーのマダイなら1000円を超える可能性もあるという。

続きはソースをご覧下さい
http://yomiuri.co.jp/economy/20180516-OYT1T50041.html



1: 釣りまとめ速報 2018/05/08(火) 14:15:26.16 ID:CAP_USER9
築地市場に入荷した77キロの高知県産の巨大カンパチ=8日午前
no title


東京・築地市場(中央区)に8日朝、マグロ並みとなる77キロの巨大カンパチがお目見えした。高知県から入荷した天然魚で、築地の卸会社は「こんなに大きなカンパチは見たことない」と驚いている。

同市場の天然物は2~3キロが主流で、大型でもせいぜい20~30キロ。この日入荷した高知産は、内臓などが取り除かれており、「水揚げ時は100キロくらいあったのではないか」(築地卸)とみられている。

続きはソースをご覧下さい



0be4f9e33f1ba6ea8cb6027081ea9df9_s


1: 釣りまとめ速報 2018/04/23(月) 11:03:15.47 ID:heTUUkRC0● BE:844481327-PLT(13345)
播磨灘のサワラ流し網漁が解禁となり、22日朝、洲本市五色町鳥飼浦の鳥飼漁港などで初水揚げされた。
五色町漁協によると、昨年の235本を大きく上回り過去に例がない大漁となる3599本、約11・9トンが水揚げされた。
阪神間などへ流通し、淡路島内の飲食店でも「淡路島の生サワラ丼」などとして提供される。

同漁協によると、25隻が出漁して21日午後6時から網を入れ、22日早朝から水揚げされた。
1隻で600本という記録的な漁獲の船もあり、体長70センチから1メートルを超えるサワラが漁船から次々と運び込まれた。
 
続きはソースをご覧下さい
http://www.sankei.com/west/news/180423/wst1804230024-n1.html



1: 釣りまとめ速報 2018/03/27(火) 00:18:33.38 ID:CAP_USER9
イブニング8号に掲載された「バーサス魚紳さん!」の連載告知画像。
no title


矢口高雄「釣りキチ三平」のスピンオフ「バーサス魚紳さん!」が、4月24日発売のイブニング10号(講談社)より始動する。

これは本日3月27日発売の同誌8号にて伝えられたもの。
「釣りキチ三平」は、少年・三平三平が、さまざまな魚釣りに挑戦する釣りマンガ。
1973年より週刊少年マガジン(講談社)にて連載され、単行本は全65巻が発売された。
また1980年にはテレビアニメ化、2009年には実写映画化もされている。

立沢克美が作画を手がけるスピンオフ「バーサス魚紳さん!」は、三平から兄と慕われる鮎川魚紳が主人公。
魚紳は財閥の御曹司で弁護士資格を持ち、ヘリコプターの操縦ができるエリートでありながら、「日本一周釣行脚」を続けている生粋の釣り人だ。
4月10日発売の次号イブニング9号では、連載直前企画として矢口のロングインタビューが掲載され、スピンオフの詳細が語られる。

続きはソースをご覧下さい


このページのトップヘ